hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

ホテルのアフタヌーンティー

チーズ好きのためのハイティーならぬ「ハイ チーズ」

テニスの全豪オープンの公認ホテルで選手たちが滞在予定の「ウェスティン・メルボルン」がほかのゲストからのクレームで公認をはずれることになった、という記事を読み、 はてどんなホテルだったけな?とサイトを見ていて、いいものめっけ! ハイティーなら…

【ワールドホテルニューズ】ホテルだって人生いろいろ 2021@「ザ・サヴォイ」ロンドン

新年あけましておめでとうございます! ホテルも世界各地でさまざまな2021年のスタートを迎えています。 事実上のロックダウン状態で、必需品以外の商店はクローズ、レストランなど料飲業はテイクアウトのみの営業となっているイギリスでは、ホテルも昨…

苺フェア比べ(6)今年の苺狩りはホテルへ「 “Go To Strawberry” ~空想のイチゴ旅へ出かけよう~」@ANAクラウンプラザホテル神戸

「旅」という言葉の響きにいままでになく心ときめくこの頃。 "苺の世界" を旅するスイーツビュッフェを企画したのは「ANAクラウンプラザホテル神戸」。 エントランスには ストロベリーガイドがいて 苺ワールドを旅するためのパスポートを渡されるんだそうで…

苺フェア比べ(5)ストロベリースイーツで世界を旅する「Travel 4 Strawberries」@コンラッド大阪

見ただけでフランスの香りがしてくる、フランス国旗の糖衣をまとったストロベリーアントルメ。 GoTo もストップがかかったし、海外旅行はしばらく無理そうなコロナの今、ストロベリースイーツを食べて世界を旅しようという「Travel 4 Strawberries」」~世界…

苺フェア比べ(4)"舞台" を楽しむ「苺アフタヌーンティー」@リーガロイヤルホテル東京

苺フェアなので苺が "主役" ですけれど "舞台" も大切なのがアフタヌーンティーたるもの。 こちら「リーガロイヤルホテル東京」の場合、裏の早稲田大学の大隈庭園を借景しているので、眺めも雰囲気も優雅をモットーとするアフタヌーンティーの舞台としてはば…

それはもう圧倒的な 力強く 繊細な ケーキでした「thé thé」by 播田シェフ@ヒルトン東京

荒々しさと繊細さのマリアージュ、というより "成熟した関係" 。 パティシエの播田修さんの新作「thé thé」です。 お茶畑を上から見たシーンを表現したそうです。 上位0.03%しかない極上の抹茶を使ってつくられたケーキで お茶畑の地層をモチーフにした…

苺フェア比べ(3)レトロという変化球で「’80s レトロ・ストロベリー」@ヒルトン福岡シーホーク

さて、苺フェア比べシリーズ、あまおうの産地、福岡ではどうでしょうか? 「ヒルトン福岡シーホーク」が80年代に回帰した "レトロ" をテーマにしたちょっと変化球的なストロベリービュッフェを開催予定です。 その名も「’80s レトロ・ストロベリー 」。 音…

苺フェア比べ(2)「ストロベリーアフタヌーンティー」@ホテル椿山荘東京

ホテルのラウンジで楽しむ "ホテル アフタヌーンティー文化" を日本のホテル界に持ちこみ、広がるきっかけをつくったのは、1992年に開業した「ホテル椿山荘東京」の前身である「フォーシーズンズホテル東京 椿山荘」でした。 海外旅行で"ホテル アフタヌ…

苺フェア比べ(1)「サンドウィッチ&スイーツプレゼンテーション ~いちご~」@ホテルニューオータニ東京

"苺フェア" の季節がやってきました。いずこのホテルも苺一色です。 こちら「ホテルニューオータニ東京」では、6種類の苺スイーツに種類を絞り、コレだけでお客を呼べる人気商品を出すことによって勝負。 まずは、コレ。もはやこちらのシグネチャースイーツ…

その "世界観" を自由気ままに楽しみたい「ドルチェヴィータ・アフタヌーンティー」@コンラッド東京

最近、日本のアフタヌーンティー界で流行っている言葉は「世界観」。 単純に季節ものだとか苺やチョコレートなど素材をテーマにするのではなく、○△の "世界観" を表現した、というアフタヌーンティー企画が多いです。 その先駆けとなったのはホテルアフタヌ…

チーズ好きにはとってもとってもうれしい「デザート&ライトミールブッフェ」@インターコンチネンタル東京ベイ

チーズ好きにはとってもとってもうれしいデザートブッフェです。 「インターコンチネンタル東京ベイ」で、15:00〜16:45 というランチとディナーのはざまの微妙な時間帯にやっている「デザート&ライトミールブッフェ」には シェフ常駐の "チーズコ…

目にも舌にも美しく美味しく「ノエル・アフタヌーンティー by ピエール・エルメ」@ストリングスホテル東京インターコンチネンタル

まるでクリスマスツリーのような「ピスタチオとホワイトチョコレートクリームのタルト」、これがとてもとても美味しかった! 「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」にてクリスマス・シーズン限定で開催中の「ノエル・アフタヌーンティー by ピエ…

あえて今 フランスの伝統菓子の技術を前面に押し出す「ウィンターアフタヌーンティー」@マンダリン オリエンタル東京

あえて「フランスの伝統菓子」を前面に押し出したアフタヌーンティーです。 日本のホテル界のアフタヌーンティーが、日本人パティシエたちによって自由な発想でさまざまな新しい試みをしているなか、こちら「マンダリン オリエンタル東京」は "フランスの伝…

同じホテルの4軒で洋梨と栗のアフタヌーンティー&ハイティー競演@ウェスティン都ホテル京都

同じホテルの4つのレストラン&バーが「洋梨」と「栗」をテーマにアフタヌーンティー競演! というちょっとめずらしく、楽しそうな企画。 ティーラウンジ「メイフェア」はオーソドックスな英国式アフタヌーンティーのスタイルで、梨のカスタードケーキ、丹…

菅首相が初外遊でジャカルタでお泊まりのホテル

菅首相、今朝のお目覚めはおそらくこんなシーンでしょう。 お泊まりのホテルは「フェアモント・ジャカルタ」380室。日本の鹿島グループがつくったホテルです。 プールは見て楽しむくらいでしょうが 甘いもの好きな菅首相のためにこちらの「ピーコックラウ…

テイクアウトで三段重ね「アフタヌーンティーリチュアル セントレジス・トゥ・ゴー ~Halloween Mix~」@セントレジスホテル大阪

とりあえず "三段重ね" のアフタヌーンティーです。 コロナで各ホテルではテイクアウト商品に力を入れていますが、「セント レジス ホテル 大阪 」では8月から「アフタヌーンティーリチュアル セントレジス・トゥ・ゴー」を提供、好評とのこと。 こちらはそ…

咲かせて 咲かせて 桃色女子のためのピンクづくし「Christmas Girl’s Room」@ヒルトン東京 お台場

きれいと言われる時は短すぎて…とかつて言われたものだが、時代は変わった、というか、女たちが勝手に変えた、「女子」という言葉で。 「ヒルトン東京 お台場」で11月1日よりスタートするストロベリーデザートビュッフェ「Christmas Girl’s Room」、ター…

この美味しさと楽しさを作る人たち「西太后&楊貴妃点心とマリー・アントワネットスイーツの饗宴」@ヒルトン東京(2)

日本のホテル界における "ホテルのアフタヌーンティー" は、世界のホテルのなかでも独自の進化をとげ、オリジナルな世界をつくりだしました。 なかでも「ヒルトン東京」はさまざまな企画によって、アフタヌーンティーって、こんなふうにいろいろ楽しめるんだ…

ホテルってやっぱり人なんだなぁと思った「西太后&楊貴妃点心とマリー・アントワネットスイーツの饗宴」@ヒルトン東京(1)

絶世の美女も稀代の悪女もみんな大集合! ヒルトン東京で開催中の「西太后&楊貴妃点心とマリー・アントワネットスイーツの饗宴」、点心ランチ と アフタヌーンティー、両方楽しんでもらおう!という合体企画です。 災い転じて福となる、とよく言いますが、…

リケジョが喜ぶ「サイエンス ハロウィン アフタヌーンティー」@インターコンチネンタル東京ベイ

どの瞬間にいちばん喜ぶか、でその人のことがよくわかります。 「インターコンチネンタル東京ベイ」でいまやってる「サイエンス ハロウィン アフタヌーンティー」。 ファーストディッシュとして最初にでてくる「きのこのポタージュ」で「ん〜ん、美味しい!…

「アガサ・クリスティーの世界を味わう 英国アフタヌーンティー」@帝国ホテル東京

帝国ホテルとアガサ・クリスティーが同い年だってご存知でした? ともに1890年生まれで、今年 生誕130才。 そんなわけで帝国ホテルは考えました。 毎年やる恒例の英国フェアで 「アガサ・クリスティーの世界を味わう 英国アフタヌーンティー」企画を…

「ハイティー」なので、フォアグラにステーキもありの、がっつり食事系

しばしば間違えられますが、「アフタヌーンティー」と「ハイティー」は別物です。 「アフタヌーンティー」は貴族の優雅なライフスタイルから生まれたもので、 「ハイティー」は肉体労働者たちのがっつり食事系の夕食から生まれたもの。 「横浜ベイシェラトン…

すっかり日本化したアフタヌーンティー、今度は「なにわのアフタヌーンティーセット」

「なにわのアフタヌーンティーセット」3800円(税サ別) 大阪の「ホテル日航大阪」が " 大阪愛 " をこめて考えました。 道頓堀の「くいだおれ太郎」をイメージしたケーキ、 豚まんに見える栗あん餅、 串カツに見えるのはチョコケーキ、 たこ焼きに見える…

インターコンチネンタル東京ベイの「マンゴー アフタヌーンティー」

いわゆる旬の果物づくしのアフタヌーンティーですが、ファーストディッシュとして最初に出てくるのは「とうもろこしのポタージュ」。 これはこちらの名物ビュッフェレストラン「シェフズ ライブ キッチン®」の伝統サービスでしょうが、食が細い方は要注意。 …

アフタヌーンティーだけれど、もはやアフタヌーンティーではない。

「ザ・キャピトルホテル 東急」の「ザ・キャピトル アフタヌーンティー」。 こういうのを見ると、つくづく日本人ってすごいなぁと思う。 もはやこれは英国式アフタヌーンティーではなく、日本発祥のオリジナルな世界。 器は駿河竹千筋細工の職人によるオール…

猛暑の昼下がりの「アマンジャンキーの会」@ザ・キャピトルホテル 東急

猛暑の昼下がり、このなんとも涼しげなロビーは「ザ・キャピトルホテル 東急」。 きょうは地方から上京してきたホテルジャンキー仲間、田中潤さん&澄代さんご夫婦と久しぶりの再会です。 そこで、最近はアマン全般ではなく「アジアのリゾートアマンジャンキ…

最後の訪問地カナダで安倍首相が「やれやれやれやれ」と嘆息したホテル

アフタヌーンティーなんて楽しむ暇はなかったでしょうね、安倍首相。 旧英国植民地なのでこちらでも名物なんですけれど。 こんなプールで泳ぐ暇も。 www.instagram.com 欧州・北米歴訪の旅の最後の訪問地カナダの首都オタワでお泊まりのホテルは 国会議事堂…

「理系」のホテルジャンキーのモノの考え方

円状に3切れ盛るということは一切れ120度ごとに・・・ 対角線上にお椀を置き、お干菓子3個は三角形状に置く。 「理系」の人々は、こんなふうにモノごとを見たり考えたりしているのだろうか? 週末、北鎌倉を歩きながら、考えた。 先日、「理系」のホテ…

「魂」は細部に宿る・・・アフタヌーンティーで再認識したこと。

甘党のホテルジャンキーとの打ち合わせは「ペニンシュラ東京」のロビーラウンジでアフタヌーンティー。 わたしが思うに、アフタヌーンティーとは総合芸術。 きれいにプレスされたリネンを目と手で楽しむのもわたしの楽しみのひとつ。 シルバーのティーポット…

この1ヶ月ばかり(ホテル界が)お世話になりました、ハロウィーン様さま。

「トリック・オア・トリート?」 グランドハイアット東京の「フィオレンティーナ」のハロウィーン・クッキーをいただきました。黒猫も" 関係者 "だっていうこと、コレで初めて知りました。 この1ヶ月ばかり、どこのホテルに行ってもハロウィーン・アフタヌ…