hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

ホテルのランチ

名物メニューだった「ジャポネステーキ」を東急グループのホテルで復刻 〜 ザ・キャピトルホテル東急の場合

かつて銀座に「銀座東急ホテル」というホテルがありました。 24時間営業のコーヒーショップがあり深夜でも不夜城のごとくいつもにぎわっていました。"24時間戦えますか?" なんていう CMがあった高度成長期、ジャパニーズ・ビジネスマンたちに人気だった…

この美味しさと楽しさを作る人たち「西太后&楊貴妃点心とマリー・アントワネットスイーツの饗宴」@ヒルトン東京(2)

日本のホテル界における "ホテルのアフタヌーンティー" は、世界のホテルのなかでも独自の進化をとげ、オリジナルな世界をつくりだしました。 なかでも「ヒルトン東京」はさまざまな企画によって、アフタヌーンティーって、こんなふうにいろいろ楽しめるんだ…

ホテルってやっぱり人なんだなぁと思った「西太后&楊貴妃点心とマリー・アントワネットスイーツの饗宴」@ヒルトン東京(1)

絶世の美女も稀代の悪女もみんな大集合! ヒルトン東京で開催中の「西太后&楊貴妃点心とマリー・アントワネットスイーツの饗宴」、点心ランチ と アフタヌーンティー、両方楽しんでもらおう!という合体企画です。 災い転じて福となる、とよく言いますが、…

" 女ひとり寿司 " の練習に使える「憧れのすしカウンター」プラン@神戸ポートピアホテル

お寿司って、「食べたい!」となると自分で自分を止められなくなる魔性の食べもの。 ひとりでも食べに行きたい、 いや、ひとりで好きなように好きなだけ食べたい(実はこれが本音かも)、 それもカウンター席で。 初心者にはけっこう敷居が高い " 女ひとり寿…

テラス席でホットドッグ ランチ@アンダーズ東京「BeBu」

「アンダーズ東京」の1階にあるカフェ&バー「BeBu ビブ」では9月1日から「アンダーズ ワールド オブ ホットドッグ」フェアを開催予定。 シカゴ、ミュンヘン、テックス・メックス、ビバ・イタリア、シーザーなど5種類のホットドッグが950円から125…

帰省できない東京都民のための "ふるさとグルメビュッフェ"

きょうも東京で新たに389人感染! なんていうニュースが出て、知事にも「帰省は自粛お願いします」なんていわれている、そんなかわいそうな東京都民のために、「ホテルニューオータニ東京」は考えました。 帰省しなくても、日本全国のご当地メニューを食…

市川海老蔵さんが "日本で一番美味しい" という「アメリカンクラブハウスサンドウィッチ」

ロスカボスの「ラス・ヴェンタナス・アル・パライソ」のプールサイドで食べたアメリカンクラブハウスサンドウィッチは美味しかったなぁ・・・。そんなこと考えていたら、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんのブログが目に入りました。 8月11日付の【アメリカンク…

「朋有り遠方より来たる、亦た楽しからずや」のランチに選んだホテルのレストラン

ホテル愛好家の集まり「ホテルジャンキーズクラブ」も今春で創立22年になりましたが、創立来のメンバーのXさんが九州から上京、奥様と一緒のランチにお誘いいただきました。 20年以上前から日本人がほとんど行かないような海外の知る人ぞ知るリゾートを…

秋の出会いの舞台は「グランドハイアット東京」の「オーク ドア」

ずっとメールを通してやりとりしていた方たちと先日初めてお会いしました。 メールの文面から「こんな方かなぁ…」と勝手に想像していた人物像とはまるでちがい、リアルの世界で顔を合わせることの大切さをあらためて感じました。 デザートはさら〜りサクサク…

うす曇りの日曜日のランチは「グランドハイアット東京」の「フィオレンティーナ」で

天窓のお店は天気を選びます。 陽射しが強すぎるとまぶしいし、雨降りだとどんよりと重く暗いし。 きょうのようなうす曇りの日がちょうどいい感じです。 ここ「グランドハイアット東京」1階にある「フィオレンティーナ」は天井が高く、空間がスコーンと抜け…

それは果たして「 偶然 」なのか? そして、フレッシュ・ピーチ・メルバ

7月という月は、わたしにとっては「桃」の月。 桃はわたしを酔わせるの、というくらい、桃、大好きです。 あたまがくらくらしそうな猛暑であろうと、ニュースでアナウンサーが声を高めて「命の危険に関わる暑さです!用のない方は外出を控えてください!」…

ミッドタウン日比谷「Buvette」で軽〜いランチしてみたら

東京ミッドタウン日比谷1Fにある「Buvette」。 本店はニューヨークで、第2号店のパリ店に次いで、こちら東京店は3軒目。 平日のランチとはいえ、オープンして間もないせいか、新しもの好きが日本には多いのか、ビル内の地上レストランはどこも予約でいっ…

師走のある一日

昨日は朝から「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」へ。 もうすっかりクリスマス仕様になっているロビーで同ホテルの角野さんと会い、 (余談だが、この写真を彼の元上司に送ったら「雅叙園ですか?」と・・・) 朝の東京湾をのぞむクラブラウンジで打ち…

84才の母との「母娘旅行」のホテル選び@札幌

84才の母との札幌旅行にあたり ホテルをどこにするか、いろいろ、いろいろ、考えた。 母にとっては2年前まで生涯のほとんどを過ごした土地。 そして、なにしろ文句が多い・・・もとい、率直な意見が多い。 熟考のすえ選んだのは、地元きっての老舗ホテル…

アマン東京 その「お客を選ばないホテル」の行く末を憂う

日曜日の朝は、ホテルジャンキーズクラブの恒例の朝食会「ブレックファストミーティング」通称 "BFM" で大手町の「アマン東京」へ。 「アマン東京」にはイタリアンレストランもあるが、こちらは店内に入ってしまうと、これといってアマンらしさは感じられな…

ホテルオークラで「ひとりランチ」する時は

仕事の打ち合わせでホテルオークラへ。 正面玄関入ってすぐのところにこんな風に柿の木を一本、どん。帝国ホテルのロビーの花は、優等生的であまりおもしろみがないというか(ごめんなさい)記憶に残らないアレンジメントだとわたしは思っているが、オークラ…

ひと仕事終えた後の平日のホテルランチは…

ザ・キャピトルホテル東急のチャイニーズレストラン「星ヶ丘」で平日限定の「点心ランチ」。 ある日、ホテルやレストランに行く度に、なんだかんだと文句…じゃなかった、本人いわく「意見」を述べる母の話を聞きながら、ハタと気づいた。 これはもしかして「…