hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

東京のホテル

緊急事態宣言のいま、東京のホテルから消えたもの

緊急事態宣言が出て東京のホテルから消えたもの、 それは【 BAR バー】 閉店要請時間の夜8時といえば、バーがにぎわいはじめる佳境ですからね。 以下、いまの東京のホテルの料飲施設の営業状況です。 ●帝国ホテル東京 「オールドインペリアルバー」休業 「…

今年は帰省のかわりに"帰省暮" を送る「ホテル特製和牛ローストビーフ」@ホテルニューオータニ東京

To Go 路線を拡大している「ホテルニューオータニ東京」の "お家でルームサービス第ニ弾" は、ホテル特製和牛ローストビーフの全国配送。 今年は帰省できないかわりに何か贈りたい、コロナで生まれた新しいニーズ "帰省暮" をねらったもの。 冷凍便で、関東…

ホテルがはじめた子どものための "食育" 「杉本料理長と学ぶ味覚体験」@帝国ホテル 東京

ホテルは美味しい料理が食べられるところ。その料理の美味しさを味わうための味覚について学びましょう、という子どもための "食育" 企画をはじめたのは「帝国ホテル東京」です。 この企画については以下の記事でも書きました ↓ chifumi-murase.jp chifumi-m…

まだ間に合う!テイクアウトのちょっと豪華なクリスマスディナー@グランドハイアット東京

気がつけば明日はクリスマスイブ。いつもよりちょっと豪華にしたいクリスマスディナーの用意を何もしていない方、こんなのもありますよ。 黒毛和牛の1枚肉をつかったレトルトのビーフシチューを販売しているのは「グランドハイアット東京」。隠し味にブルー…

鉄系の 鉄系による 鉄系のための夢のホテルルーム「東急電鉄シミュレーター装置付きコンセプトルーム」@渋谷エクセルホテル東急

まさに、鉄系の 鉄系による 鉄系のための夢のホテルルームが誕生! なかなか旅ができないコロナの今ですが、ホテルのお部屋で鉄道旅気分を味わえます。 「渋谷エクセルホテル東急」が同じ東急系列の東急電鉄とタイアップして実現したのは 本物の東急電鉄8090…

"どこでもホテル"にできる「ヒルトン東京をお届け!お家で忘・新年会」@ヒルトン東京

Zoom 飲み会、増えてますね。 そんなときのお食事を「ホテルからお届けします、全国どこでもね」というサービスを「ヒルトン東京」が12月22日(火)からスタートします。 みんなで同じお料理を食べながら、感想を言い合うなんてこともできます。 コース…

先の記事について、茶師の小山さんより "待った" がかかりました。

「ちょっと待った!」 "待った" がかかりました。 chifumi-murase.jp ひとつ前の記事 ↑ で 「極上のお茶の味」について書きましたが、当日お茶を出してくださった茶師の小山さんより、もしかして提供時に間違って置いた可能性があるかも・・・と下記のような…

苺フェア比べ(4)"舞台" を楽しむ「苺アフタヌーンティー」@リーガロイヤルホテル東京

苺フェアなので苺が "主役" ですけれど "舞台" も大切なのがアフタヌーンティーたるもの。 こちら「リーガロイヤルホテル東京」の場合、裏の早稲田大学の大隈庭園を借景しているので、眺めも雰囲気も優雅をモットーとするアフタヌーンティーの舞台としてはば…

それはもう圧倒的な 力強く 繊細な ケーキでした「thé thé」by 播田シェフ@ヒルトン東京

荒々しさと繊細さのマリアージュ、というより "成熟した関係" 。 パティシエの播田修さんの新作「thé thé」です。 お茶畑を上から見たシーンを表現したそうです。 上位0.03%しかない極上の抹茶を使ってつくられたケーキで お茶畑の地層をモチーフにした…

苺フェア比べ(2)「ストロベリーアフタヌーンティー」@ホテル椿山荘東京

ホテルのラウンジで楽しむ "ホテル アフタヌーンティー文化" を日本のホテル界に持ちこみ、広がるきっかけをつくったのは、1992年に開業した「ホテル椿山荘東京」の前身である「フォーシーズンズホテル東京 椿山荘」でした。 海外旅行で"ホテル アフタヌ…

苺フェア比べ(1)「サンドウィッチ&スイーツプレゼンテーション ~いちご~」@ホテルニューオータニ東京

"苺フェア" の季節がやってきました。いずこのホテルも苺一色です。 こちら「ホテルニューオータニ東京」では、6種類の苺スイーツに種類を絞り、コレだけでお客を呼べる人気商品を出すことによって勝負。 まずは、コレ。もはやこちらのシグネチャースイーツ…

その "世界観" を自由気ままに楽しみたい「ドルチェヴィータ・アフタヌーンティー」@コンラッド東京

最近、日本のアフタヌーンティー界で流行っている言葉は「世界観」。 単純に季節ものだとか苺やチョコレートなど素材をテーマにするのではなく、○△の "世界観" を表現した、というアフタヌーンティー企画が多いです。 その先駆けとなったのはホテルアフタヌ…

鉄系ジャンキーのための「お正月ランチビュッフェ 鉄道FESTA」@ホテルメトロポリタン

これ ↑ を見て目をキラキラさせたりときめいたりする気持ちはそっち系ではないわたしにはわからないが、鉄系にとっては Wow! らしい。 お正月の特別イベントとして鉄道をテーマにしたランチビュッフェを開催するのは池袋の「ホテルメトロポリタン」。 なにし…

初参戦の「デリカテッセン アット ホーム ~ セレブレーションスタイル」@パークハイアット東京

コロナ下の今年、年末年始のホテル戦線の舞台はホームパーティーセット。 お値段はだいたい3万円に集中しています。 お洒落なデリカテッセンでホテルジャンキーたちにも人気がある「パークハイアット東京」も今年初めて参戦しました。 「デリカテッセン ア…

チーズ好きにはとってもとってもうれしい「デザート&ライトミールブッフェ」@インターコンチネンタル東京ベイ

チーズ好きにはとってもとってもうれしいデザートブッフェです。 「インターコンチネンタル東京ベイ」で、15:00〜16:45 というランチとディナーのはざまの微妙な時間帯にやっている「デザート&ライトミールブッフェ」には シェフ常駐の "チーズコ…

年末年始にこんなのもらうとうれしい!「サミュゼ オードブル」@帝国ホテル東京

年末年始にこんなのもらうとうれしいだろうな! もらえなければ、がんばって自分で買いたい! そんなオードブルお重を新発売したのは「帝国ホテル東京」 ワインやシャンパンを飲む機会が多い年末年始にうれしい洋風お惣菜が詰まっています。 たとえば、キャ…

なにもしなくていい、らくらくパーティーキット「おうち de クリスマスパーティーKIT」@ホテル インターコンチネンタル東京ベイ

コロナにより外出&会食自粛な今年のクリスマス、さぁて、どうしようかなぁ・・・と思っている方、こんな便利なサービスがあります。 ホテルの味と雰囲気をおうちで楽しめるらくらくパーティー・キットを販売するのは「ホテル インターコンチネンタル東京ベ…

ジェームズ・ボンドの気分を味わってみる@ザ・プリンス パークタワー東京

「Vodka martini — shaken, not stirred ウォッカ・マティーニを。シェイクしたのを、ステアではなく」 バーテンダーにこんなオーダーをさらりとするのは、007シリーズの主人公、ジェームズ・ボンド。 ボンドにはなれないけれど、その気分だけを味わえる…

グルマンには超お得、8800円でメニューから選び放題「赤坂オーダーバイキング」@赤坂エクセルホテル東急

イクラ丼も ウナギも ステーキも 仙台黒毛和牛の牛丼も 見附御膳も パーコー麺も アメリカンクラブサンドウィッチも チーズも、 ここまで全部食べたとしても 税サ込みで8800円! とにかくグランドメニューにのっているものであれば 好きなものを好きなだ…

目にも舌にも美しく美味しく「ノエル・アフタヌーンティー by ピエール・エルメ」@ストリングスホテル東京インターコンチネンタル

まるでクリスマスツリーのような「ピスタチオとホワイトチョコレートクリームのタルト」、これがとてもとても美味しかった! 「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」にてクリスマス・シーズン限定で開催中の「ノエル・アフタヌーンティー by ピエ…

未来のホテルゲストを育てる 「杉本料理長と学ぶ味覚体験」@帝国ホテル東京 を考えた人(2)

(1)の続きです。 chifumi-murase.jp こんな素晴らしい企画、どうやって生まれたのだろう? と思い、広報の北野さんにたずねてみたところ、商品開発を担当した責任者をご紹介いただけるとのこと。さっそくお会いしてきました。 料飲の企画を担当しているレ…

ホテルだからこそやってもらいたかった好企画「杉本料理長と学ぶ味覚体験」@帝国ホテル東京(1)

すごくいい企画だな! と、ホテルだからこそ やってもらいたかった企画だと思いました。 「帝国ホテル東京」が子どもたちに「味覚」について学んでもらおうと企画した食育企画です。 今回は小学生が対象で、参加者にも体験してもらう " 味比べ " や、 " 食材…

プライベート寿司職人が部屋で握ってくれる1日1組限定の宿泊プラン「In Room 久兵衛 ~Christmas~」@ホテルニューオータニ東京

握りたてがなんといっても美味しいのがお寿司。 プライベート寿司職人が部屋に来て目の前で握ってくれるクリスマス宿泊プラン「In Room 久兵衛 ~Christmas~」を企画したのは「ホテルニューオータニ東京」。 ディナータイムに「銀座 久兵衛」の寿司職人を独…

【新オープンホテル】早朝の楽しみ、リバーサイド・ジョギング@「ザ・ゲートホテル両国 by HULIC」(8)

昨日オープンした「ザ・ゲートホテル両国 by HULIC」が迎えるはじめての朝。 夜が明けて間もない早朝のリバーサイドで、地元住民にまじって浅草までジョギング。 気持ちいい! そうそう、ホテルの前を左に行った遊歩道では 相撲の決まり手がいろいろ見られて…

【新オープンホテル】夜の楽しみ、隅田川から東京湾へナイトクルーズ@「ザ・ゲートホテル両国 by HULIC」(7)

本日オープンした「ザ・ゲートホテル両国 by HULIC」の夜の楽しみは、ホテル前の船着場から東京湾に出てお台場でUターンするナイトクルーズ。 定員8人の船内には カプレーゼやスモークサーモンなどの前菜をはじめ、ローストビーフ、ホットドッグ、シュリン…

【新オープンホテル】チェックイン前から相撲の街感があふれる@「ザ・ゲートホテル両国 by HULIC」(6)

両国駅のホームに立つとまず緑の屋根の国技館がドーン、そして中央に見える建物が本日オープンの「ザ・ゲートホテル両国 by HULIC」 両国駅の構内には歴代の横綱たちの写真がならび 駅隣のレストラン街には土俵もあります 道を歩けば、お相撲さんの姿も そう…

あえて今 フランスの伝統菓子の技術を前面に押し出す「ウィンターアフタヌーンティー」@マンダリン オリエンタル東京

あえて「フランスの伝統菓子」を前面に押し出したアフタヌーンティーです。 日本のホテル界のアフタヌーンティーが、日本人パティシエたちによって自由な発想でさまざまな新しい試みをしているなか、こちら「マンダリン オリエンタル東京」は "フランスの伝…

【新オープンホテル】目的別に選ぶルームタイプ@「ザ・ゲートホテル両国 by HULIC」(5)

わたし個人的にいちばん好きなのはこちら830号室。 "縦" と "横" のリバービューがほどよい高さで楽しめます。 隅田川沿いに走る車列から視線を右に移せば スカイツリーと旧安田庭園の緑の眺めも。 とにかく相撲、隅田川よりもスカイツリーよりもなにより…

【新オープンホテル】欲しかった…持って帰りたかったモノ@「ザ・ゲートホテル両国 by HULIC」(4)

なぜか椅子が好きで、そこに椅子があれば座ってみるわたしですが、何気なく座ってみて「あ、コレ、いい」と思ったのが、このスツール。 バスルームのドレッシングスペースにも置いてありましたが、湯上りにバスローブを着て座りたい。 そして、もうひとつ。…

【新オープンホテル】リバーサイド ステイをもっともっと楽しむ水上タクシー@「ザ・ゲートホテル両国 by HULIC」(3)

「ザ・ゲートホテル両国 by HULIC」の内覧を終え、さぁて、帰ろうかな、お天気もいいし、隅田川沿いを散歩でもしようっかな・・・と思っていたところに、「お時間ありますか?」と男性スタッフ風の方が声をかけてきました。 ハイ、時間ならありますけど。 「…